横綱、白鵬関の11月場所場所休場を発表され、引退の噂が立っています。

 

Yahooニュースにもなり、私も気になったのでくわしく調べてみました。

 

また、白鵬関のケガの状態や、過去のケガについてもくわしく調べてみました。

 

白鳳、11月場所休場で引退との噂!今までのケガをわかりやすくまとめ

 

白鵬は 2007 年に横綱昇進後、すでに 13 年間現役を続けています。

 

体にあちこちガタが来ていても、おかしくありませんよね。

 

年度別で負傷個所を記載していますので、下記よりご確認ください。

 

 

白鵬のプロフィールと経歴

 

白鵬のプロフィール

 

白鳳、11月場所休場で引退との噂!今までのケガをわかりやすくまとめ

 

  • 生年月日 1985年 3月 11日生まれ、35歳
  • 本名 ムンフバト・ダヴァジャルガル( 愛称 ダワー、ダヴァ)
  • 身長・体重 191cm  151Kg BMI 40.96
  • 出身地 : モンゴル人民共和国ウランバートル市
  • 所属部屋 : 宮城野部屋
  • 得意技 : 右四つ、寄り、上手投げ
  • 現在の番付 : 東横綱
  • 最高位 : 第69第横綱

 

白鵬の経歴
  • 2000年、モンゴルより旭鷲山を頼って入門
  • 2003年、十両昇進
  • 2004年、新入幕昇進
  • 2005年、幕内昇進
  • 2006年、大関昇進
  • 2007年、横綱昇進 22才2ヶ月
  • 通算成績 : 1170勝246敗196休、通算勝星は歴代1位
  • 優勝回数 : 44回 歴代1位

 

 

白鵬が11月場所休場!引退との噂は本当 ?

 

白鳳、11月場所休場で引退との噂!今までのケガをわかりやすくまとめ 2

 

結論から言うと、白鵬は引退しません。

 

噂はウソです。

 

この噂の出どころは、宮城野部屋親方です。

 

親方が白鵬関の進退について、軽々しく発言してしまったのが始まりです。

 

翌日、親方は「軽率だった、反省している」と謝罪されています。

 

ちなみに同じ横綱である鶴竜関も11月場所を休場されます。

 

11月場所は両横綱の姿が見れないわけです。

 

 

白鵬の今までのケガを分かりますくまとめ !

 

白鳳、11月場所休場で引退との噂!今までのケガをわかりやすくまとめ 3

 

2008年、5月場所10日目の安馬との一番足首捻挫

 

2012年、1月場所5日目、の雅山戦で左足親指を痛める

 

5月場所は、初日に小結・安美錦選戦で左手人差し指を剥離骨折

 

2013年、7月場所12日目、の琴奨菊戦で右わき腹を負傷

 

2014年、3月場所13日目、は琴奨菊戦で右手を負傷してしまう。

 

2015年、9月場所の稽古中に左膝を痛めており、左大腿四頭筋腱炎で休場。

 

2016年、7月場所、は勢戦で右足親指を骨折

 

同年名古屋場所で勢に敗れた際に右足親指を負傷、左膝の痛みが再発。

  • 左膝タナ障害
  • 右母趾(ぼし)伸筋腱(けん)損傷
  • 右足関節炎

で全治4週間の診断、9月場所の全休を発表した。

 

2017年3月場所、右母趾捻挫、右大腿筋群損傷休場

同年5月場所3日目、の千代翔馬戦で左足親指を打撲(あるいは脱臼)。

同年7月場所前に左膝痛を発症、

  • 左大腿四頭筋腱炎
  • 左足関節靱帯損傷

で9月場所休場。

 

2018年1月場所、5日目から

  • 左母趾MP関節靱帯損傷
  • 右母趾末節骨骨挫傷
  • 爪下血腫

で途中休場。

 

同年3月場所は、左足親指の怪我が回復しないことを理由に全休。

 

同年7月場所、支度部屋で足を滑らせて負傷

  • 右膝蓋腱損傷
  • 右脛骨結節剥離骨折

の疑いで休場。

 

2020年7月場所12日目、の御嶽海戦にて

  • 右膝半月板損傷
  • 膝蓋大腿靱帯損傷
  • 関節内血症

を発症し、13日目から途中休場。

 

同年9月場所は、8月に行われた膝の手術が完治しておらず、

  • 右膝蓋大腿靱帯損傷
  • 関節内巨細胞腫

で休場。

 

11月場所は場所前の稽古が良かったものの

  • 右膝関節鏡手術
  • 術後血症

で休場。

 

 

白鵬、11月場所休場で引退との噂!今までのケガをわかりやすくまとめのまとめ

 

平成の横綱の優勝回数は、白鵬関の 44 回(史上最多)を筆頭に、朝青龍 25回、貴乃花 22 回と続いています。

 

つまり白鵬関は史上最強と言ってもいい大横綱なわけです。

 

これを受けて、横綱審議委員長の矢野氏は

 

きちんと自己管理をして、ケガを克服し、横綱としての責務を果たせ

 

という旨の発言をしており、大変お怒りのようです(笑)。

 

宮城野親方の進退発言撤回もあり、「引退はありません」。

 

白鵬関もいずれは引退されます。

 

しかし、これまでの問題行動や取組内容から部屋を持てないかもしれません。

 

宮城野部屋を継ぐことも出来ない、となれば横綱に復帰し、横綱らしい取組で勝つしかありません。

 

ですので、私個人的には「引退はまだ遠い」と考えます。

 

で、最後にもう一度『白鵬関のケガ』をまとめ直そうと思ったのですが、あまりにも多過ぎて諦めました(笑)。

 

くわしくはもう一度「ケガを分かりやすくまとめ」をご覧ください。

 

今回こうやって調べてみて思ったのは、

『白鵬関のケガや手術は、予想よりはるかに多かった』

ということです。

 

平成の大横綱の復活、どうにかもう一度見てみたいですね。

 

というわけで、長くなりましたが、以上になります。

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

 

また別記事もよろしくお願いします。

 

 

おすすめの記事